TBF認定講師資格取得制度について

認定講師制度は、バルーンフラワーの普及を目指し、

たしかな技術を持つ講師を育てることを目的としています。

(1016年5月12日改訂)

 

 

 

<2017年後期 Tokyo Balloon Flower 認定講師資格取得試験受験日>

 

2017年8月3日(木)13:30-17:00

結果発表は、試験より数日後にメールにてお知らせ致します。

※合格者は、カリキュラム取得講習会 2017年8月24日(木)への参加が必須となります。

 

 

<受験申込み期間>

 

2017年6月12日(月)10:00~

2017年7月7日(金)19:00まで

 

 

<受講受験料>(カリキュラム取得料を含む)

 

64,800円

※カリキュラム取得料とは、

バルーンフラワーレッスンレシピ「12回のカリキュラム」の教え方講座受講料と「12回のカリキュラム」の料金です。

 

 合格した方には、試験後に設定をした日時に、「12回のカリキュラム」の教え方の講座を受講していただき、その後、認定証を発行(5年毎に更新)します。

 

不合格だった方には、カリキュラム料54,000円を返金いたします。

 

カリキュラムを取得し、TBFの認定講師としての活動がスタートします。

 

 

 

 

<受験申し込み方法>

 

・TBFのアトリエスクール/ナランハスクールに通っている方は

 

お問い合わせ/お申し込みページにて「TBF認定講師資格取得試験受験の申込み」(※受験受付期間中、申込みフォームが開設されます)を選び、必要事項を入力してください。

当方は受講回数の確認が出来次第、「受験の申込み受理」のご連絡をいたします。その後、受験者の方には受験料をTBFにお支払いいただきます。

 

 

・TBF認定講師のスクールに通っている方は

 

講師に受講日数の確認をした後、お問い合わせ/お申し込みページにて「TBF認定講師資格取得試験受験の申込み」(※受験受付期間中のみ、申込みフォームが開設されます)を選び、必要事項を入力してください。TBFは受講回数を受講中の認定講師に確認が出来次第、「受験の申込み受理」のご連絡をいたします。その後、受験者の方には受験料をTBFにお支払いいただきます。

 

 ______________________________________ 

 

 

<Tokyo Balloon Flower認定講師の活動について>

 

・Tokyo Balloon Flower(以下TBF)の認定講師として、TBFがデザインをしたTBF公認のバルーンフラワーレッスンレシピ「12回のカリキュラム※」を使ってレッスンが行えます。

 TBF公認のレッスンの他にも、認定講師の方のオリジナルのレッスンの開催は自由です。

 

・TBFのHPにて、認定講師として紹介をいたします。

 

・TBFのHPにて、レッスン開催の告知ができます。 

 

 ※「12回のカリキュラム」以降のカリキュラムは、12回を1セットとして必要な方に別途54,000円にて販売致します。

 

 

<認定講師資格取得試験の受験条件>

 

・TBFが開催するバルーンフラワーレッスンへ1年以上通い、受験申込日までの受講回数が18回以上の方

 

・当校認定講師によるTBF公認のバルーンフラワーレッスンへ1年以上通い、受験申込日までの受講回数が18回以上の方

 

※TBF認定講師の元でレッスンを受講している方は、レッスンを受講した認定講師へ受講回数の確認が必要です。

 

 ・受験申込日までの受講回数が、TBFの開催するバルーンフラワーレッスンの受講回数と、当校認定講師によるTBF公認のバルーンフラワーレッスンの受講回数の合計が18回以上の方

 

・受験希望者は、1年以上通っていること、18回以上受講したことを証明できる書類や領収証、または制作をした写真等の提出が必要になる場合があります。

 

・受験申込み後、「受験の申込み受理」の承諾をTBFから受信後、受験日までに、Tokyo Balloon Flowerのアトリエにて、「TBFの補習レッスン」を2回受講することが必須となります。(2回以上受講可)

補習レッスンの受講料は1回4,300円になります。

 

※受験前の技量により、受験日までの「TBFの補習レッスン」以外に、事前に講師による強化レッスンを数回受講していただく場合があります。

※受験前の技量により、受験の延期を提案する場合もあります。

 

<認定講師資格取得試験の実施項目>

 

◆試験内容

 

・基本知識の筆記試験

・実技試験

 <パーツテスト>

   事前の資料にて、いくつかのパーツをTBFから提示。

   その中から6種類を制限時間内に制作する。

   制作するパーツは当日試験会場にて発表。

 <作品テスト>

   事前の資料にて、3つの作品をTBFから提示。

   その中から当日1つを制限時間内に制作する。

   制作する作品は当日試験会場にて発表。

   

※詳細は受験者に事前にお伝えします。

 

 

<認定講師年会費と講習会>

 

TBFの認定講師になった場合、技術の向上、新しい技術の共有のために、認定講師の講習会を年に1度開催します。

年会費はその講習会の受講料とし、参加必須の講座になります。TBF公認レッスンレシピの一つとして加えられる講座も含まれます。

年会費には『レッスン受講割引』が適用されます。認定講師資格取得後に今まで通っていたスクールのレッスンやTBFのレッスンを受講した場合に、受講回数により次回の年会費が割引になります。

年会費/講習会費 8,640円(税込)

※この講座を受講しない場合は、認定講師の資格を没収する場合があります。